ペイズリー柄スカーフマスク
5月半ば、スギ花粉の飛散が落ち着いてきました。元々花粉症対策でマスクを着用していた方も、だんだんとウイルス対策のためにマスクを着用するようになってきたのではないでしょうか。(かくいう筆者はヒノキ花粉やイネ科植物もアレルギーで鼻がぐずぐずしています。花粉アレルギーの皆さま、頑張りましょうね。)

ウイルス対策のためにマスクを着用する一番の目的は、飛沫感染を防ぐこと。
それならば、マスク以外のものでもいいじゃないか!
ということで、ユニフォームメーカーのラインナップからマスク代替案をご提案します。


ご用意致しましたのは、こちら。
スカーフと三角巾。
そのまま顔に巻いて結ぶだけ。簡単です。
もちろんご自宅にあるバンダナやハンカチでも代用できます。
スカーフマスク

スカーフ JY4745-1
三角巾マスク

三角巾 JY4738-2
アイメイクとスカーフの色を合わせてみました。

 
 

ずり落ちないポイントは2つ。
1つは高めに結んで耳に掛けることです。
目にかかるくらい高めの位置にあてて耳に掛けてから結び、最後に目が出るように下げながら調整すると案外ずり落ちずにキープされます。髪が長い場合はポニーテールにしてその上で結ぶのもよい方法でした。

もう1つは顔に当てる辺を数回折って厚みを出すこと。
この厚みがあると耳に掛けやすく、口周りには隙間ができるので、布が口に引っ付いたり口がケバケバしたりしません。
付けてみた感想は、とくに息苦しさは感じず、会話も問題ありません。

ペイズリー柄スカーフマスク

スカーフのマスク代用は有名な某セレブ姉妹がInstagramに投稿し話題になっていましたね。とっても華やかでファビュラスでマーベラスです。
東京都内ではこのバンダナマスクでジョギングする方を見かけるようになりました。

宅配荷物を受け取る時、ゴミ出しにいく時、散歩をする時、日用品を買い出しにいく時。
少しの外出時に三角巾・スカーフマスクを試してみませんか?
いつものルートをいつもと違う装備で歩いてみる、なんだかワクワクしますよ。
(第7部 E.S.)

【Facebookコラム】三角巾を使った昔懐かしいスタイルでお掃除!
軽やかな質感と豊富なカラー展開、一新した「三角巾・四角巾」