王様のチャーハン

王様のチャーハン
2019年7月1日(月)、福岡県太宰府市にオープンしたチャーハン専門店「王様のチャーハン」さん。
「美味しいチャーハンを、自由に好きな具材をのせて、贅沢に食べて欲しい」。そのような思いで出来たお店は、チャーハン×トッピングという新感覚のチャーハンスタイルを生み出しました。

王様のチャーハン
店内はカウンターが7席、2人掛けテーブルが6卓、4人掛けテーブルが1卓、奥の小上がりには4人掛けのお座敷が4卓あり、小さなお子様づれのお客様でも安心してご利用頂けるよう配慮されてます。
内装は白の木目調を基調とし、シンプルで落ち着きのあるスタイリッシュな空間です。
王様のチャーハン
チャーハンにトッピングをし、自分好みのオリジナルチャーハンを作るという新発想のチャーハン。そのためベースとなるチャーハンは、色々なトッピングに合うように、米にこだわり、卵にこだわり、毎日食べても飽きない、シンプルで美味しいチャーハンに仕上げました。

そして、チャーハンに乗せるトッピングもバラエティー豊かに取り揃えました。辛子高菜や食べるラー油、カリカリに炒めた豚肉や唐揚げ、丸腸味噌焼きや厚切牛タンなどなど、チャーハンにお好きな具材をいっぱい乗せて、あなただけの王様のチャーハンをお楽しみください。人気NO.1のトッピングは「豚玉盛り盛り」。見た目のインパクトで写真を撮る人も多いそうです。

王様のチャーハン
阿比留店長のひたすら鍋を振る姿を見て、腕は大丈夫ですか?と質問したところ
「鍋の振り方にコツがあって、コンロの縁を使って滑らせるように鍋を振ると全く力は要りません。オープンして以来、少なくとも1万食以上のチャーハンを作っていますが腱鞘炎などになった事は1度もありません。」と笑顔で答えてくれました。
王様のチャーハン
「ユニフォームを選定するにあたり、先にブラウン+オレンジというイメージカラーが頭の中にあり、そのイメージを基にカタログやインターネットなどでユニフォームを調べていたときにセブンユニフォームのアイテムに目が留まりました。
実際に着用してみて感じたことは、生地が丈夫でシワになりにくく、洗濯しても直ぐ乾くので手入れが楽ということ。
コートのペン刺しや、エプロンのポケットにマチがついているなど機能性も考えられており使いやすいです。

また、コートの着丈が少し長めなことも、お尻が隠れるからと女性スタッフから好評です。1つ問題点を挙げるなら夏は少し暑いかなというぐらいです。(夏場に火を使う職場で5分袖とスカーフを着用しているので当然ですが…(笑))
オレンジカラーはチャーハンを炒める炎をイメージしています。」(日高オーナー)


王様のチャーハン

「チャーハンはこってりして油っこいイメージを持たれる事が多いですが、当店のチャーハンはあっさりして毎日でも食べられるシンプルで美味しいチャーハンですので年配の方にも楽しんで欲しいです。」と日高オーナー。玉子、焼豚、わさび、あんかけといったベースのチャーハンに、13種類もあるトッピング。チャーハンを炒めるオレンジの炎にますます食欲がそそられて、毎回新しいチャーハンを楽しめそうです。
(九州支店 T.O.)

 

Coordinate

  • コート BA1225-6(刺繍加工)
  • エプロン CT2567-3
  • ワンタッチタイ JY4673-3
  • 帽子 JW4659-3

王様のチャーハン

  • 福岡県太宰府市向佐野4-8-1
    県道31号線(通称5号線)長浦台交差点そば
  • 駐車場:14台完備
  • TEL・FAX:092-555-7577

営業時間

  • 11:00〜24:00
  • 定休日:無し