グリーン・ワイズ

スタッフが歓声を上げるほどモチベーションの高まる一着でした。

グリーン・ワイズ

都心のベッドタウンとして人気の多摩丘陵。東京都とは思えないほど緑豊かな丘の上に建つ白亜の建物が、株式会社グリーン・ワイズです。

「弊社の創業は1905(明治38)年。植物の鉢植えをレンタルする “貸鉢業” を、日本で最初に始めた会社です」(サービスセンター事業部コミュニケーションリーダー:功刀さん)

以来、会社は順調に発展しましたが、一方で日本の自然環境も激変。創業百年が近づく頃には、事業を変革すべき時期を迎えていました。

「商業施設でも住空間でも、これからはグリーンが今以上に必要とされる時代。その中で私たちは、“人と緑が共生できる環境づくり”を仕事にしようと考えました」(コミュニティグリーン事業部コミュニケーションリーダー:高橋さん)

こうして会社は徐々に、緑化マネージメントを核とする環境重視の事業にシフトし始めました。

Coordinate

  • ユニフォーム一式:オーダーメイド

グリーン・ワイズ
「2005年新設の本社社屋でも、屋上に宿根草を植え四季を体感できる庭園をつくったり、温室を利用して緑に囲まれたヨガスタジオを設置したり。敷地内で採れる野菜や果物を保存食に加工するなど、新たな試みも始めました」(功刀さん)

しかしながら最先端の仕事をするスタッフの服装は、昔通りの作業着。そこで代表の田丸雄一氏が社内スタッフの要請を受けて、パリコレなどの活動の傍らセブンユニフォームとコラボした HAKUÏ で数々のユニフォームを手がける小野塚秋良氏に連絡。約1年に渡り話し合いやメール交換を重ね、デザインを煮詰めました。

「でき上がったサンプルの箱を開いた瞬間、スタッフからワァー!!と歓声が上がりました。1枚の服がこんなにモチベーションを高めるんだ!!と正直びっくりしましたね」(功刀さん)

「デパートの庭園や生花店など、人前で作業するスタッフも多いので、きれいな制服になって本当に良かったです。おしゃれなだけでなくポケットも多くて、とても機能的なんですよ」(屋上庭園担当:能登さん)


グリーン・ワイズ
多くの業者が出入りする土木・建築の現場でも、“さわやか”“清潔感がある”と大評判。

「仕事着のまま電車に乗って現場に行くこともありますが、この制服ならどんな場面でも大丈夫。揃いで着るだけで、一気にチームワークが高まる気がします」(施工管理担当:中本さん)

「取引先にも大好評ですが、“何枚か譲ってよ!!”と迫られて困ってます(笑)」(高橋さん)

グリーン・ワイズが自然と人をつないでいるように、ユニフォームも仕事の多彩な場面で人と人とをつなぐコミュニケーションの担い手なのです。


株式会社グリーン・ワイズ GREEN WISE Co.,Ltd.

  • 東京都多摩市山王下2-2-2
  • 小田急線・京王線「多摩センター」駅より徒歩12~15分
  • TEL:042-338-0002(代表)
  • 営業時間:9:00~18:00(土日祝日・休業日を除く)