SEVEN PRESS|セブンプレス

飲食・サービス業界の最新情報サイト[SEVEN PRESS / セブンプレス]

スカート

LUX(リュクス)フォーマルスーツ

最高品位の”おもてなし”スーツが「光(LUX)」という名で呼ばれる理由。

素材からシルエットまで、全てにこだわったフォーマルスーツ スーツの “格” は生地の品質と、仕立てのクオリティーで決まります。「LUX(リュクス)」は制服の域を超えた厳選素材を、繊細かつ高度な技術で縫製。ハイクラスの都市型ホテルや高級レストラン、ブランド店など、高いホスピタリティーが必要な場面で輝きを放つ、おもてなし専用フォーマルです。ラテン語の lux(光)と luxe(気品)から名づけた最上級スーツです。 高品位をめざし、独自の生地を開発。 年齢に左右されない現代的シルエット。 そのこだわりは、まずは使用生地から。セブンユニフォームが独自に開発した、超高品位のオリジナル素材を使用しています。2/80という細めの糸を非常に高密度に織りこむことによって、ユニフォームスーツの常識を超える、重厚で上品な質感を実現しました。 品格と現代性を兼ね備えた高品位なスーツは、その繊細なシルエットにもこだ […]

旧軽井沢KIKYOキュリオ・コレクションbyヒルトン

ホテル「旧軽井沢KIKYOキュリオ・コレクションbyヒルトン」

自由なブランド色のおかげで独創的なデザインが採用されました。 2018年4月、リゾート地・軽井沢に開業したホテル・旧軽井沢KIKYOキュリオ・コレクションbyヒルトン。 「キュリオ・コレクションbyヒルトンはヒルトンのグループ内ブランドで、高級ホテルのイメージに囚われず、地域性や個性を前面に出すのが特色。その日本での第1号が当ホテルでした」(フロント主任/新保さん) 気候や風景など、軽井沢は打ち出すべき長所には事欠きません。ホテルの内装や調度品には、伝統工芸の軽井沢彫を採用。“KIKYO”という名称も、軽井沢に自生する可憐なキキョウの花からとったものです。 「また “KIKYO” には、“帰郷” という意味もあります。レジャーや観光を楽しみつつ、故郷に帰ったような気持ちで心身を休めてください、という想いをこめたネーミングでもあるんですよ」(新保さん) Coordinate ユニフォーム一式 […]

ホテル「京王プラザホテル」

現場スタッフの情熱とサービスリネンが成し遂げた大規模リニューアル。 客室約1400室・従業員900名超の大型ホテルであり、今年45周年を迎えた京王プラザホテル。昨春には、宿泊部スタッフ約150名の制服が一新されました。「前回の改変はドア&ベルスタッフが2001年、フロントと客室係も10年近く前です。3部署のデザインをこの機に統一したいという思いもありました」(宿泊部/田辺副部長) そこで、各部署から代表を集めて検討チームを発足。 「親しみやすさと上質感を表現するには、皆が共感することが大切だと考え、一緒に作り上げるかたちでご提案することにしました。」(デザイナー/池尻) 現場スタッフとセブンユニフォームの検討会議は数ヶ月に渡り、何度も繰り返し開かれました。 Coordinate ユニフォーム一式:オーダーメイド 「打合わせのたびマジックのように新たなデザインが提案されるので、毎回楽しみでし […]

不動産販売「長谷工 アーベスト」

選べる自由が加わることで、ユニフォームの楽しさが倍増しました。 首都圏の中でも近年、再開発が最も盛んな川崎エリア。長谷工アーベストが手がける「グレーシアシティ川崎大師河原」も、現在その一角に建設中の大型マンションです。 「これまで漠然と工業地帯のイメージで見られていた地域ですが、じつは緑が多くファミリー層には最高の住環境なんですよ」(プロジェクトマネージャー代行/小林さん) 駅前にありながら高層タワーでなく、東京近郊では希少なファミリータイプの物件だけに、マンションギャラリーには毎週末、見学者が引きも切らない状態です。 「家族連れのお客様が多いので、商談用のブースをファミレス風の席にするなど、お子様にも楽しんでもらえるよう工夫しています」(スタッフ/鈴木さん) Coordinate ユニフォーム一式:オーダーメイド ところで、このギャラリーを含む長谷工アーベストの販売拠点では、この秋一斉に […]

“grace(華麗)”と“dignity(気品)”漂う、働く女性のフォーマルウェア。

サービスシーンで活躍する女性をサポートするフェミニンで高級感あふれるスーツです。 社会の中で女性の活躍の場がますます広がっている昨今、サービスのフィールドでも女性が重要なおもてなしを任されたり、取り仕切ったりする機会が多くなってきました。常に時代に適した商品のご提供を通して働く皆様のサポートを続けるセブンユニフォームでは、そうした流れに敏感に対応。働く女性のお役に立てるワードローブのさらなる充実を進めています。 ドレープ感と発色の良さが特徴の高級素材を採用。 この春の新作では特にハイクラスのサービスシーンで活躍する女性向けに、“grace and dignity”をテーマとした華やかで品格あふれるスーツスタイルをご提案しています。女性に特化したシリーズということもあり、あえて通常は制服に用いることの少ない、トリアセテートというフェミニンな雰囲気の素材を交織。平二重織の生地にすることで、適度 […]

結婚式場「八芳園」

このユニフォームは理想の結婚をご支援するチームの証しです。 東京を代表する結婚式場の1つである、港区白金台の八芳園。約1万坪にも及ぶ、都内でも有数の美しい庭園でよく知られています。 「お庭では折々にパーティーやイベントを開催して、こちらで式を挙げられた方々をお招きしています。毎年お越しになるご家族も多いんですよ。そういう皆様にとってこの庭園は、“帰る場所”になっているんですね」(ブライダルアドバイザー/高良さん) 大正時代の建設当初から無理な造成をせず、自然の地形を活かして造ったこの庭園。その哲学は、結婚式場としての理念にも繋がっているようです。 「ご新郎様ご新婦様には皆さん、それぞれに“こんな式にしたい”という夢があるはず。私たちの仕事は、既成の型にはめ込むのではなく、お客様の描く理想の結婚式が実現するようお手伝いすることだと思っています」(ブライダルアドバイザー/鈴木さん) Coord […]

ホテル「東京ステーションホテル」

建物と制服の統一感がやすらぎの空間をつくっています。 昨年、5年余りに及ぶ保存・復原工事を終えた、東京駅丸の内駅舎。その中にある開業100周年目前の名門・東京ステーションホテルも、営業を再開しています。 「今回のリニューアルの目的は、東京大空襲で焼失した3階部分やドームを再建するとともに、全体を駅舎の外観と調和するヨーロピアン・クラシックに統一し直すことでした」(総務人事担当/天野さん) Coordinate オーダーメイド 改装されたホテル内部は、エントランスホールから廊下、約2.5倍に増設された客室まで、すべて白が基調の伝統的なデザインでまとめられています。「それに合わせて、エントランスに立つスタッフの服装も、クラシカルな雰囲気に致しました」(天野さん) 最近はジャケットなど平易なものが多いドアマンの服装ですが、こちらではコートからシルクハットまでセットになったフォーマルなユニフォーム […]

ホテル「浦安ブライトンホテル」

職種を統合した新体制を制服デザインの一元化で表現しました。 職場の組織改編や担当部署の分離・統合…。そんなより良く働くための改革を、視覚的・機能的な側面から支援するのも、ユニフォームの仕事です。 千葉県新浦安にある東京ディズニーリゾートパートナーホテルの中で、デザイン性豊かな客室が人気を呼んでいる「浦安ブライトンホテル」。 「部屋ごとに異なるコンセプトでデザインしたのが好評で、日替わりで幾つものお部屋に宿泊されるお客様もおられるんですよ」(ゲストリレーションズ・マネージャー/氏家さん) ところがお客様の増加に伴い、ディズニーリゾートの閉園後などにはフロントが大混雑。そこで今年、お客様をお待たせすることがないよう、大幅な改革が断行されたのです。 「ドア、ベル、フロント、客室と分かれていた担当を統合し、シフト制で各部署を担当することにしたんですよ。これなら全員がすべての業務を学べて、お客様が集 […]