割烹着風エプロンドレス

割烹着からインスピレーションを受けたユニフォームです。

<2019年新商品アイテム紹介>

新しいシャツコートにも使用した、シャツ生地の中でも特に薄手でシルクの様に滑らかな“ブロード”という生地。細く長いシルクライクな糸によるきめ細かな織で毛羽立ちが少なく、さらりとした肌触り。ごわつきはありません。
今回同時に、この素材を使用した「エプロンドレス(CS2342/3色・男女兼用)」も開発しました。

❶ Coordinate

  • エプロンドレス CS2342-1
  • シャツ CU2597-1
  • パンツ UL7719-1

割烹着風エプロンドレス

さまざまな工夫が施された
機能的なエプロンドレスへ

この商品、実は割烹着から着想を得ているのです。割烹着というと、昔懐かしい食堂や小学校の給食配膳を思い出される方も多いのではないでしょうか。ですが、セブンユニフォームの割烹着は一味も二味も違います。シルクの様に滑らかなシャツ生地を贅沢にもたっぷりと使い、柔らかな印象を与えるモダンな割烹着風エプロンドレスに仕上げました。

❷ Coordinate

  • エプロンドレス CS2342-1
  • シャツ CU2597-1

割烹着風エプロンドレス

もちろん使い勝手の良さにもこだわっています。深いVネックは隠れたボタンで胸元がはだけるのを防ぎ、腰まである裾スリットはパンツポケットと足捌きを邪魔しません。和風の大衆的な場面はもちろん、ハイネックニットシャツ(CU2356)や革靴と合わせたモダンな着こなし(Photo ❸,❹)は物販やカウンセラーコートとしてもお勧めです。

❸ Coordinate

  • エプロンドレス CS2342-0
  • シャツ CU2356-0
  • パンツ DL2995-0

割烹着風エプロンドレス

同素材、同色展開のシャツコートシリーズと
統一感あるコーディネートが可能

カラーは「シャツ地の7分袖シャツコート」と同じく、ホワイト(-0)、ネイビー(-1)、チャコール(-8)の3色をご用意いたしました。どれも定番の色ですが、ネイビーとチャコールは彩度を抑えた落ち着いた色味とシャツ地の滑らかさが相まってよりモダンな仕上がりとなっています。そのおかげで、ドロップショルダーでもきちんとして見えるのも特徴です。
同素材、同色展開の「シャツ地の7分袖シャツコート(BA1077、BA1075、BA1076)」とこちらのエプロンドレス(CS2342)とをセクション別に着用すると、異なるアイテムでありながらも統一感あるコーディネートも可能です。

同素材の「シャツ地の7分袖シャツコート」

❹ Coordinate

  • エプロンドレス CS2342-8
  • シャツ CU2356-8
  • パンツ DL2994-8

割烹着風エプロンドレス

モダンで機能的な「割烹着風エプロンドレス」。その詳細は、総合カタログの最新版「SEVEN UNIFORM CATALOG 2019」をご覧ください。ご請求は下記のフォーム、またはお近くのセブンユニフォーム販売店へ。また、このシリーズとのコーディネートに合ったエプロンやパンツ、アクセサリーなどについても、セブンユニフォームの各ショップへご相談ください。最適な商品をご紹介させていただくほか、オーダーメイドも承っています。

※モデル着用写真は「SEVEN UNIFORM CATALOG 2019」のP030,P031,P258〜259から引用。