SEVEN PRESS|セブンプレス

飲食・サービス業界の最新情報サイト[SEVEN PRESS / セブンプレス]

HAKUÏ

HAKUÏ30

小野塚秋良デザインの
ワーキングユニフォームブランド「HAKUÏ・ハクイ」
2021年最新コレクション「HAKUÏ 30」が
6月21日より発売開始

Lifetime’s Design Work 小野塚秋良デザインの集大成 「HAKUÏ」が30th アニバーサリー 「浅草、かっぱ橋道具街で働き着HAKUÏを始めて 30年が経過します」 ――小野塚秋良 パリコレクションをはじめとするワールドワイドなシーンで半世紀近くものあいだ、めざましい創作活動を続けてきたデザイナー小野塚秋良氏。 ハイファッションの世界の活動と並行して毎年、新作をリリースし続けてきたWORKING EQUIPMENT「HAKUÏ」も、今回で記念すべき第30期を迎え、いま最もやりがいと楽しみを感じているという“ライフワーク”のデザインに向けて、氏の創作意欲はますます高まっているようです。 独創的デザインと日常重視の哲学で 世界の支持を集めるファッションデザイナー 1970年代に三宅一生氏の下で、ファッションデザイナーとしてのキャリアをスタートさせた小野塚氏。やがて1989 […]

ファッション通信

BSテレ東「ファッション通信」に「HAKUÏ」デザイナー・小野塚秋良氏出演

1985年11月の放映開始以来、ファッションシーンの最前線を伝え続けている「ファッション通信」に今回、弊社のワーキングユニフォームブランド「HAKUÏ(ハクイ)」のデザイナー・小野塚秋良氏が出演され、毎年新しいコレクションを発表し、今年で記念すべき第30期目を迎える「HAKUÏ」について語られました。 BSテレ東 ファッション通信[新東京~人と生きる服~]6月19日(土) 23時00分~ ぜひご覧ください。 公式サイト 小野塚 秋良 Akira Onozuka Profile 服飾デザイナー。1974年に三宅デザイン事務所に入社。 1986年、イッセイ・ミヤケ・オン・リミッツよりメンズブランド「オッズ・オン」を発表。 1989年にレディスブランド「ZUCCa」を発表。同時期からパリコレクションに参加。 1992年、白洋社(現・セブンユニフォーム)との提携によるユニフォームブランド「HAKU […]

さだまさしジャンパー

大晦日に多くの人々を癒やしたコンサート
「SEVEN UNIFORM presents ゆく年くる年 さだまさし生配信」

2020年大晦日に開催された、さだまさしさん初の「生配信コンサート」のスポンサーをさせて頂きました! コロナ禍で様々なイベントが延期・中止になってしまった昨年。そんな中でも「アーティストとして立ち止まっている訳にはいかない!」と、様々な手段を模索し精力的に音楽活動を続けてきた、さだまさしさん。セブンユニフォームは、さださん初の無観客生配信のコンサートのお手伝いをさせていただきました。 写真は弊社デザインのスタッフジャンパーを着用された、さださん。このスタッフジャンパーは、コンサートに携わった多くのスタッフの皆様に着ていただきました。 ステージ衣装として「HAKUÏ」ユニフォームも登場! この年越し配信コンサートではバックバンドのミュージシャンの皆さんに、小野塚秋良デザインのワーキングユニフォームブランド「HAKUÏ(ハクイ)」シリーズをステージ衣装として着用して頂きました。 本来は飲食・販 […]

パティスリープレジレイル

菓子職人の新しい働き方、食材の流通にも挑戦「Patisserie Plaisiraile」

住宅地の中に小さくお店を構える「Patisserie Plaisiraile(パティスリープレジレイル)」。2020年5月に若きパティシエールによってオープンしたフランス菓子店です。この日も甘い香りが漂うお店の前には12時のオープンを待つお客さんで列ができていました。 10代の頃からパティシエールとして研鑽を積む中で、若手パティシエールの過酷な労働環境に疑問を抱かれた石渡さん。若い女性数人でも運営していける環境を目指し、ある企業と1年以上かけて開業の準備を進めていたそうですが…。 「残念ながら様々な理由により白紙になってしまいました。その後、二度目の渡仏を考えていたのですがコロナの流行で叶わず…。悩んだ結果、フリーランス時代の活動拠点としていたラボを改装してお店を開くことにしました。」 店頭に並ぶお菓子には、コロナ禍の前から訪問されていた農家さんから直接送って頂いている食材が使用されていま […]

あつ森 HAKUÏ

ユニークでハイエンドな仕事着 “HAKUÏ” を「あつ森」の世界でも!

WORKING EQUIPMENT “ HAKUÏ(ハクイ)”のマイデザイン12個を配布します! 皆さんこんにちは!こっくこー島のななです! 既に公開しているユニフォームマイデザインはダウンロード、着用してくださっていますか? はじめまして、「こっくこー島」の ななです! オリジナルユニフォームをダウンロードして島にお店を開きませんか? 「あつまれどうぶつの森」のマイデザイン配布が追加されました! 本日より、WORKING EQUIPMENT “ HAKUÏ(ハクイ)”のマイデザインを配布します! HAKUÏはデザイナー小野塚秋良氏が手掛ける、従来の制服の枠を跳び越えた快適で格好いい仕事着。セブンユニフォームのハイエンドシリーズです。 HAKUÏ 公式サイト こっくこー島では一足先にお披露目会を行い、島の住民にも大好評でした! 早速、HAKUÏマイデザイン全12個をご紹介しますね。 アイテ […]

HailMary050

情報誌「HailMary Magazine」7月号に「HAKUÏ」エプロン

今魅了されるギアとして「HAKUÏ・ハクイ」エプロンの紹介記事が掲載 5月29日発売の男性カルチャー情報誌「HailMary Magazine(ヘイルメリーマガジン)」2020年7月号・VOL.050にて、ワーキングユニフォームブランド「HAKUÏ(ハクイ)」のエプロンが紹介されました。 HailMary Magazine July 2020 特集企画「The GEARING CATALOG 2020」にて、今ライフスタイルに適合する魅力あるギアの1つとしてエプロンと作務衣が登場。 Cooking Gearとして登場するエプロンは今年リリースしたばかりの「デニム×革紐」のエプロンRT6924-1です。ポリエステル交織のデニムは吸水・速乾性とストレッチ性を併せ持つユニフォームスペックで、革紐も耐久性を考え肌に接触する部分は合成皮革を使用しています。「HAKUÏ」では珍しい和の商品作務衣RA6 […]

プロのエプロン

家にシェフがいるみたい
プロのエプロンをつけたら家事時間に笑顔が

真っ白な、プロ仕様のエプロンを巻いて台所に立ってみる 自粛生活が続く中、お家での過ごし方を工夫されている方も多いと思います。そんな中“家事”に費やす時間が少しマンネリ化しつつあることも…。 そこで、今まで着ていたエプロン(海外のお土産でいただいたエプロン)をやめ、気分転換にしばらく使っていなかったHAKUÏ の真っ白なエプロンに替え、台所に立ってみました。 すると、家族から「わ! シェフが料理してくれているみたい」「カフェの店員さんだ」などの感想が! 照れながらも、実は着る自分もその違いをとっても感じていて、着た途端に背筋がシャンとするのです。ユニフォームの王道素材である丈夫な綿100%カツラギ素材を使い、デザインも装飾が無くシンプルで、まさにプロ仕様のエプロン。腰ひもを少し低めにキュッと締めると、本当に気が引き締まります。 このエプロンは29年前、HAKUÏ の初代シリーズ「1」で登場し […]

BSテレ東の真夜中ドラマ「女ともだち」。
柴門ふみ原作の恋愛白書に原沙知絵さん・磯山さやかさん

80年代の名作恋愛漫画を 令和の設定でドラマ化。 恋愛に揺れる女性達を描く物語に セブンユニフォームも登場! 今年開局20周年を迎えるBSテレ東の、「真夜中ドラマ」(土曜深夜0時)4月クールにて、4月11日より柴門ふみ原作のドラマ『女ともだち』がスタートします。恋愛、結婚、不倫などに直面し揺れ動く女性の心理や葛藤などを、主人公のモノローグを多用し丁寧に描いた、漫画家・柴門ふみ氏の同名漫画が原作で、時代設定を令和にアレンジし、女優・原沙知絵さん主演にてドラマ化。その他、磯山さやかさん、袴田吉彦さん、竹財輝之助さんなど、豪華俳優陣が出演し、告白的恋愛白書の物語が描かれます。 劇中、主人公・乾セツ(原沙知絵)の親友、小野沢ちさと(磯山さやか)が働くダイニングバー『アミーゴス』の制服として、セブンユニフォームのワーキングユニフォームブランド「 HAKUÏ(ハクイ)」が採用されました。長年ワールドワ […]

「HAKUÏ 29」は、セピア&ブルーが彩る シネマティックな飲食店向けユニフォーム。

業界人やファッションフリークも注目。 従来の制服の枠を跳び越えたハイエンドな仕事着。 WORKING EQUIPMENT “ HAKUÏ(ハクイ)” は従来の制服の枠を跳び越えた、スタイリッシュで現代的なワーキングスタイル。飲食をはじめとする幅広い業種・職種の人々に向けた働きやすく快適な仕事着でありながら、同時にアパレルなどの業界人や国内外のファッションフリークからも注目されている、セブンユニフォームのハイエンドシリーズです。 デザイナーは、トップファッションのフィールドで長年ワールドワイドな活動を展開してきた小野塚秋良氏。その自由な発想力とグローバルな創造性は、ブランド発足以来29年目となる現在も衰えることがありません。 テーマは、都市型映画を彩るコスチューム。 セピアカラーの暖かみにクールなブルースを添えて。 これまで “働く服” としての機能や着心地の良さは大切にしつつも、時に舞台衣 […]