NECライベックス
NECライベックス(2019.7.31ご提供写真)”学食”とは思えない「カフェ・SORA」。スタッフはセーラーカラーのコートを身につけており、カウンター越しに背を向けた時などそのカラーがじつによく映えて見えます。まったくカフェそのものと言っていい開放的な雰囲気に、ついつい長居してしまう学生さん達も少なくないことでしょう。
NECライベックス広々とした窓に面したテラスのような中二階にある「カフェ・SORA」。なんと焼き立てのパンが毎日提供され、さらにパスタもメニューにのぼります。
NECライベックス東京・世田谷区尾山台にある東京都市大学世田谷キャンパス。新緑あふれる中に低層で落ち着いた造りと天井まである大きなガラス窓が目を引く、まるで美術館のようにモダンな建物。その中に学食「学生食堂」「カフェ・SORA」があります。
NECライベックスエントランスを入るとすぐ、聖堂のように高い吹き抜け天井のスペースに「学生食堂」がある。その広い空間の中で総勢20名のスタッフが働いており、カウンター越しに流れるような連携で学生に食事を提供している姿はまさに圧巻。
NECライベックス有名シェフにメニューの考案を依頼することもあり、取材時は浅草の老舗洋食屋「レストラン大宮」の大宮勝雄シェフが考案したとっておきのコンセプトメニュー、“大人のお子様ランチ” が。注文が入ってお客様に差し出されるまで通常メニューの約4倍手間がかかるメニューだそうですが、それでも学生が喜んでくれることに最終目的を据えているからこそ工夫をこらし、手間を惜しまず、こだわりを持ってつくられています。

 


NECライベックス

(2019.7.31ご提供写真)
こちらの学食を運営されているのが『NECライベックス』様。元々NECの社員食堂事業を担ってこられたこちらの会社では、そこで培ったノウハウを携え、新たに「学食」に挑戦の場を広げられたのです。コンセプトは「おいしい、たのしい、自慢の学食」。これらの取り組みをご担当者は「挑戦」とおっしゃいます。「学生の中には地方から出てきて、3食すべてを学食で済ます方もいます。そんな彼らに満足してもらえる食事と空間を提供したい。さいわい運営をさせていただく以前より、学食を利用する生徒も増えていますし、今後も学食のみならずどんどん色々な食堂に思いを込めて挑戦していきたいです」。ユニフォームの面でも、最初は被り慣れないハンチングにスタッフは皆さん戸惑っていたそうですが、着用マニュアルを設けて少しずつ慣れてもらったところ、今ではもう “前の和帽子には戻れない!” というくらい被りこなしているとのこと。栄養管理士の方からは「学生から “その帽子欲しい!” と言われましたよ」と、学生とのコミュニケーションを笑顔で話してくださいました。(企画部 N.I.)

 

Coordinate

  • 冒頭写真「カフェ・SORA」
    ・コート BA1083-0、キャップ JW4678-1、エプロン RT6873-1
  • 末尾写真「学生食堂」
    ・左女性: コート BA1056-0、キャップ RW6969-1、エプロン RT6852-1
    ・右男性: コート BA1056-6、キャップ RW6969-1、エプロン RT6852-1

株式会社NECライベックス

「学生食堂」「カフェ・SORA」「ラウンジオーク」

東京都市大学 世田谷キャンパス内

  • 東京都世田谷区玉堤1-28-1
  • 東急大井町線「尾山台(東京都市大学 世田谷キャンパス前)」駅下車 徒歩12分
  • TEL:03-5707-0104 ※こちらは大学の電話番号です、ご注意ください。

営業時間

  • 学生食堂 昼)11:00~14:00 夕)15:00~19:00
  • カフェ・SORA 昼)10:00~15:00
  • ラウンジオーク 朝) 8:10~10:00 昼)11:00~14:00 カフェ)14:00~15:00
  • ※大学のスケジュールに準じて変更・CLOSEの場合があります。
※BA1083-0、RT6873-1は販売を終了致しました。