丸山珈琲
丸山珈琲

お客様と生産者を橋渡しするためのスペシャルティなフォーマルです。

日々新たな業態の店舗が生まれ、全世界へ流行を発信し続けている東京・表参道。その中心である青山通り交差点の近くに2017年秋、また一つ個性的なお店が誕生しました。コーヒー通に人気の丸山珈琲の、10軒目となる店舗です。

「本店は1991年に軽井沢で開業した、スペシャルティコーヒー専門店。関東4軒目にして、表参道に出店できました」(広報:尾崎さん)

ただの支店ではありません。店名には “Single Origin Store” の肩書きがあります。

「シングル・オリジンとは、ブレンドをしない単一種のこと。一般にコーヒーは産地別に分類されますが、当店ではより細かい農園別なので、栽培の質が直接味に影響するんですよ」(リーテール地域ディレクター&バリスタ:齋藤さん)

Coordinate

  • ユニフォーム一式:オーダーメイド

丸山珈琲
丸山健太郎社長の創業時からの夢だったというシングル・オリジン専門店。社長自ら農園に出向いて仕入れた豆を、一階では国内外トップレベルのバリスタの説明を受けつつ購入でき、二階ではサイフォンやフレンチプレスで抽出したコーヒーが味わえます。

「これまでコーヒー農園と消費者は繋がりがなかった。この店で我々スタッフが知識や情報をお伝えすることで、お客様と生産者の橋渡しができれば、と思っています」(店長:宇野さん)

既存の店とは違う新たな役割を担う店舗だけに、スタッフのスタイルも異なっています。

「じつは丸山珈琲にはこれまで決まった制服がなく、このユニフォームは表参道店だけのために新しく作られたものなんです」(齋藤さん)


丸山珈琲
ただし、デザインは時流に迎合することなく、あくまでトラディショナルな正統派のウエイタースタイル。

「丸山珈琲は四半世紀の間、高級リゾート・軽井沢の人々に愛されてきた名店。ならば制服もカジュアルでなくエレガントを究めるべき、と考えました」(SEVEN UNIFORMデザイナー:森本)

バリスタの各競技会で優勝を含む入賞者を多数輩出する、丸山珈琲にふさわしいフォーマル感です。

「当店のスタッフは通常の接客のほか、コーヒーのご紹介やご説明をする機会も少なくありません。コンシェルジュ的な雰囲気のこの制服は、そんな場面にも役立っています」(宇野さん)

「個人的に蝶ネクタイは初体験なので、新鮮です。着こなせているかは不安ですが、着ると気持ちが引き締まるんです」(バリスタ:廣井さん)

創業以来の夢が現実化した最新の店舗には、これまでの歴史を感じさせるクラシカルなユニフォームが、じつにしっくりと調和しています。


丸山珈琲

丸山珈琲 表参道 Single Origin Store

  • 東京都港区南青山3-14-28(表参道駅A4出口徒歩4分)
  • TEL:03-6447-5238
  • 営業時間:10:00~21:00