“にぎやかさ”と“居心地”を求めるお店はHAKUÏのエプロンに行き着きました。

スプリングバレーブルワリー東京

この春、東京で最もハイセンスなエリアに誕生した注目の商業施設・ログロード代官山。その緑豊かな散策路の入口にあるのが、キリンビールが“ワクワクするビールの未来をつくるプロジェクト”の一環として展開する「スプリングバレーブルワリー東京」です。「ビールの新たな魅力を発進する基地として、その場でつくられたクラフトビールを楽しめる、ブルワリー(醸造所)併設の店舗を開きました」(エグゼクティブディレクター&スーパーバイザー/島田さん)


Main Photo Coordinate

Floor Staff A(Center)

  • ベスト RJ6669-1
  • エプロン / WT7812-9

Floor Staff B(Right)

Other Floor Staff


スプリングバレーブルワリー東京

店内には発酵タンクや仕込み釜など、年間に6万リットル製造可能な施設を完備。ピルスナー、エール、スタウトなど多彩なビールを醸造しています。「現在、通年アイテムは6種。ほかに季節限定ビールもつくっていますが、お客様の反応が良ければ、それもどんどん定番にする予定です」(島田さん)

店内には多彩なビールを紹介・案内するとともに、お客様のナマの反応をキャッチするため、ビア・アンバサダーという専門スタッフも常駐しています。

「ビールにもワインとチーズのような、食べ合わせの楽しさがあるんです。そうしたさまざまなフード・ペアリングについてお客様にお教えするのも、私たちの大事な役割です」(アンバサダー/清水さん)

フードの中心は、米国でクラフトビールの本場とされる西海岸地域の料理。ディナーだけでなく朝食やランチ、カフェのメニューも充実しています。

「現在のウエストコーストでは、新鮮な食材をシンプルに調理する“ファーム・トゥ・テーブル”が人気。当店でもケールなど現地産の野菜を、国内の農家につくってもらっています」(副料理長/相馬さん)


スプリングバレーブルワリー東京

料理ばかりでなくスタッフの接客なども、ウエストコート風に親しみやすさを重視。ユニフォームもアメリカ的なエプロンスタイルを採用しています。「ただ、堅すぎずラフすぎない、適当なエプロンが見つからなくて…。建物を担当したデザイナーさんの推薦もあって、ようやく小野塚秋良さんデザインのHAKUÏ(ハクイ)に出会えたんですよ」(島田さん)

けれど席数200近いお店では、従業員も相当な数。全員がお揃いの服では、少々窮屈な印象です。

「ですから、アンバサダーや厨房スタッフのエプロンは、フロア係とは異なる色やデザイン。それにフロアの女性スタッフたちは、胸当てとショート丈のエプロンを自由に使い分けているんです」(清水さん)

同じセブンユニフォームからチョイスされたアイテムたちが醸し出す、ゆったりした統一感。これも最先端スポットらしい、新鮮な舞台演出と言えそうです。


スプリングバレーブルワリー東京

スプリング バレー ブルワリー 東京
Spring Valley Brewery Tokyo

  • 東京都渋谷区代官山町13-1 ログロード代官山
  • 東急東横線 代官山駅より徒歩4分
  • 東京メトロ日比谷線 恵比寿駅より徒歩7分
  • JR山手線・埼京線 恵比寿駅 西口より徒歩8分 代官山駅から213m
  • TEL:03-6416-4975

営業時間

  • 月~土 8:00~24:00(L.O.22:30)
  • 日・祝 8:00~22:00(L.O.21:00)
  • いずれもテラス席の営業は 22:00まで(冬期を除く)
  • 定休日:無休